読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで広がる可能性

ネットには無限の可能性を感じますよね。色々な可能性を広げていきたいなぁ。

頑張って収入を上げても支払う税金額が増えるのってやる気なくなりませんか?

f:id:takanori0921:20160226105630j:plain

もちろん、皆平等にって観点で累進課税が導入されているとは思うんですけど、何かの税額が上がるってなると、「もっとお金持ちから取れば良いだろ!」って声が絶対にあがるじゃないですか。

それってやっぱりおかしいなって思うんですよ。

まず、現在の所得税税率を見てみましょう。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下 5% 0
195万円を超え、330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え、695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え、900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え、1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え、4.000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

出典:所得税の税率 - 国税庁

累進課税ですので、所得金額が増えれば増えるほど、所得税率も増えていきます。

1,800万を越えたら40%ですよ?

更に、ここから住民税や保険料を支払う訳ですが、これらも所得額に合わせて税率や保険料が上がる訳です。

もっと言ってしまうと、普段買い物をしていて、消費税8%を支払う訳です。

どれだけ税金取られてるんだろうと。

あんまり頑張る気が起きない

自営業の皆さんは確定申告の時期ですね。

この所得税額や住民税、保険料などって、毎月の給料から既に引かれている社会人の方はなかなか気付きにくいですが、自分で確定申告する自営業の皆さんはよりキツさを感じている事かと思います。

僕も自営業として、毎年感じている訳ですが、めちゃくちゃ頑張っても半分くらい税金で取られちゃうのかって。

どれだけ上を目指そうと思っても、納税額がどんどん増えていくだけじゃないかって考えるとあんまり頑張る気が起きないんですよ。

海外に会社を作ってしまう人もいる

日本の法人税の基本税率は年々下がっていますが、それでもやっぱり高いんですよね。

そんな中で、節税目的で海外に会社を作る人もいます。

僕がやっている訳ではないので詳しい事は言えませんが、やはりシンガポールに設立する人が多いでしょうか。

シンガポールは非常に税率が低い事で有名ではありますが、日本の税金制度を見てみると、海外に会社を作る人の気持ちも分からなくもないですよね。

でも、それって日本という国から見たらもったいないことですよね。

日本人が、本来日本に収める税金を、税率が高いから海外に会社を作って納めている。

それだったら全体的に税率を引き下げて、その人達がみんな日本に納められるようにした方が良いんじゃないかと。

どっちの方が税金総額が高くなるのかっていうのは計算してないので分かりませんけど。