読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで広がる可能性

ネットには無限の可能性を感じますよね。色々な可能性を広げていきたいなぁ。

記事を量産するべきか、遅くても良いから濃い記事を積み重ねるべきか

f:id:takanori0921:20160104161108j:plain

どうも、Takanoriです。

ブログを運営していく上で、それなりに戦略を持って運営している人もいるでしょうか?

ブログは自由に私見を述べる事の出来る場なので、戦略云々の話はちょっとおかしい気もしますが、やはりブログをやっている以上は多くの人に目に留まって欲しい、つまりアクセス数を伸ばしたいのは当然な事だと思います。

そんな中で戦略的に言えば、2パターンに分かれると思います。

ひたすら記事を量産するタイプと、濃い記事をゆっくりと更新していくタイプですね。

それぞれに良い面も悪い面もある

まず前者の記事量産タイプですが、はてなブログでやっている以上、ブックマーク数がどれくらい伸びるのかというのは気になる部分だと思います。

数打てば当たる」という視点で見ると、記事の量産は良いかもしれません。

とは言え、ここはそれぞれの量産の基準にもよりますが、記事の量産の場合、ひとつひとつの記事の質はいまいちです。

ネタ自体は面白いのにも関わらず、内容がいまいち薄いので、ブクマがなかなか伸びてないという記事も多いでしょう。

僕は結構量産型なので、偉そうな事は言えないのですが・・・。

さて、後者の濃い記事をゆっくり更新していくタイプですが、「既に読者数がそれなりにいる」、「それなりに質が高い記事を書ける文章力を持っている」人の場合、濃い記事を積み重ねていくのが効果的かなと思います。

SEO的な面で、とにかく記事数を増やした方が良いはずと勘違いしている人がいますが、そんなことはありません。

濃い記事を10ページくらい書いただけで、大きめのキーワードで上位表示出来ているサイトもありますし、逆に薄い記事が大量にあるサイトは、質の低いサイトだとGoogleに認識されてしまう危険性もあります。

薄い、濃いの説明はここではしませんが、判断基準は、「ユーザーの役に立っているか、答えを返せているか?」という視点で問題はないでしょう。

そんな理由から、本来は濃い記事をゆっくりと積み重ねていく方が良いはずなのですが、ブログを始めたばかりの人や文章を書く力が備わっていない人がこれをやると、失敗する可能性があります。

これはあくまではてなブログ内での話ではありますが、やはりブログを成長させる肝は「ブクマ」にあります。

はてなブログを始めていきなり濃い記事を積み重ねていっても、見てくれている人が少ないわけですから、初速がいまいちでブクマが伸びない可能性も高いですよね。

また、文章を書く力がまだまだの人が濃い記事をゆっくり積み重ねていっても、ただただ長文で主張が曖昧な記事が出来上がる可能性もなくはありません。

戦略的にブログを運営するなら量産から始めるのが良いのかも

上記の理由から、個人的な見解ではありますが、最初は記事を量産していき、読者数が増える、文章力が身に付いてきた等のタイミングで、濃い記事型に切り替えていくのが良いのかなと思っています。

言うまでもありませんが、それなりに質が担保出来ている記事を量産できるのが最強なのは間違いありませんし、実際にそれが出来ているブログもあるでしょう。

最初に述べた通り、自分の主張を発信する場としてブログをやっている人は、好きな時に好きな事を書き綴るのが正しいですし、本来のブログのあるべき姿だとは思います。