読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで広がる可能性

ネットには無限の可能性を感じますよね。色々な可能性を広げていきたいなぁ。

痴漢冤罪にあったらどうする?いざという時の為の冤罪保険ってご存知ですか?

f:id:takanori0921:20151126121526j:plain

どうも、Takanoriです。

僕は学生時代山手線と中央線に毎日40分近く乗車して大学に向かっていたのですが、ある朝、女子高生と男性が新宿駅で言い争っているのを目撃しました。

どうやら痴漢をされたと主張している様でしたが、男性は私はやっていないと。

その後も、真実も知らないのですが、僕はちょっとした恐怖を感じました。

痴漢の冤罪って怖いですよね

痴漢の冤罪事件をテーマとした映画、「それでもボクはやってない」が上映されヒットするなど、冤罪事件というのは大きな問題だと思います。

もちろん、大前提として、「痴漢が一番悪い!」というのは分かっています。

痴漢がこの世に存在しなければ、冤罪事件なんて起こらないんですよね。

電車の混みあった車内で、被害者が誰に触られているのか?なんて正直認識するのは難しいんです。

触られてると思った瞬間に、後ろ左右を確認すると、左には女性、右には男性。

だから右にいた人が犯人だ!と乗車後に取り押さえ、その男性は有罪判決。

しかし、実は真犯人はその間にいた外国人男性で、その男性は逆転無罪を勝ち取った!なんて例もありますし、だからと言って女性を責める訳にもいかないし・・・。

車内では疑われないように気を付けましょうと言うのは簡単ですが、痴漢被害を装い、何もしてない気の弱そうな男性をターゲットにして、「痴漢してましたよね?警察に行くか示談にするかどっちが良いですか?」なんて言った脅迫事件が起こったりもします。

もう電車に乗るのが本当に怖くなってしまいますよね。

実際に痴漢冤罪にあってしまったらどうする?

では、実際に痴漢冤罪にあってしまったらどうするべきなのでしょうか?

これっておそらく電車に乗る男性の多くは、頭の中で一度は考えた事があるのではないでしょうか。

万が一、痴漢冤罪にあった場合ですが、これは弁護士によって対処方法が違うんですよね。

1.逃げるパターン

とにかく冤罪だったら逃げましょうパターンです。

実際の所分かりませんが、僕的には逃げた時点で、「痴漢行為を認めている」と取られてしまいそうですし、途中で屈強な男性に取り押さえられて御用になってしまいそうな気がします。

そもそも逃げ切れたとして、ホーム上の映像は録画されていますし、もうその電車乗れなくなってしまいますし、色々と不便な事が多い気がします。

もちろん有罪になって人生を棒に振るよりは良いのでしょうが。

2.名誉毀損で告訴する旨を伝えるパターン

ハッキリとやってない事を主張した上で、それでも痴漢呼ばわりしてくる事は、「故意に」名誉を毀損している事となり、名誉毀損の主張を支える事となります。

大事な事は、最初にやっていない事をハッキリと主張する事。

これで、最初は弁明していませんでしたよね?と言われる事を避けられます。

また、会話のやり取りはスマホなどで録音しておく事。

自分がやっていない事を終始主張し続けていた事や、名誉の毀損が行われていた事の証明となります。

録音行為は自己防衛行為なので、相手に告げずに秘密裏に行って大丈夫です。

出来る事なら、乗車していた人達、もしくはホーム上にいる人達を最低2人程了解を得てその場にいて貰い、現場の状況などを写真などで撮影しておきましょう。

その後、駅員が来たら、「名誉棄損で告訴するので警察を呼んでほしい」と伝えるというパターンです。

僕的には、警察が来た場合、女性の言い分を信用して逮捕に至ってしまうのではという心配がありますが、途中の録音等は絶対にしておいた方が良さそうですね。

冤罪保険ってご存知ですか?

さて、本題です。

実際に痴漢冤罪にあった際は、まず最初に「弁護士を呼ぶ」が一番の正解だと思います。

絶対に自分一人では正解を導き出せないし、そもそもやってない事を突き付けられ、人生を棒に振るう可能性が出てきた場合、心細くてつらいと思います。

そんな時にすぐに弁護士を呼びたい所ですが、弁護士って呼ぶのにもお金が掛かるんです。

そして、どんな弁護士を呼んだら良いのかって分かりませんよね。

そんな時にあったら良いなが、「痴漢冤罪保険」です。

f:id:takanori0921:20151126120654j:plain

参考:男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険

なんとこちら、月額590円から入れる保険なんです。

万が一、痴漢冤罪にあった場合、携帯からワンタッチで提携弁護士に一斉に緊急メールが送信されます。

事件発生後48時間に発生した弁護士の相談料、接見費用(交通費などを含みます。)を全て負担してくれるという保険です。

僕もつい最近知ったのですが、毎日電車通勤のサラリーマンの素敵な味方になれるのではないでしょうか。

まとめ

再度言いますが、「一番悪いのは痴漢してる人」です。

冤罪にあってしまい、人生が台無しにされてしまった人は沢山いらっしゃると思います。

万が一の事を考え、防衛策として、保険に加入するという選択肢はありだと思います。